機械黒猫の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 洋の東西問わずいい歳してアニメやらラノベやらやってる奴らって永遠の中二病みたいなもんじゃね?

<<   作成日時 : 2014/01/17 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

おいらの足と小夏ちゃん。

画像

因みにNeoNeoさんはスリッパもちゃんと猫だった。
地の色が白いのと黒いのとあって、おいらには黒をくれたのでルンルンであった。

画像

こう云う枯れた感じのおもちゃが多くて良い。

画像

躍動感重視(・∀・)
これでいつまでも遊ぶ。

今日は阪神の地震から19年って事で、バイト先に居る大阪人のモリタさんはやっぱ地震の時あっちにいたのかなぁ、なんて思っていたが、帰りがけにした話といえば、シューマッハがマジでダメみたいだよってやつで。
話すとまるっきり大阪弁のモリタさんであるが、別に常に面白いこと言ってみようとしてる感じじゃないし、声でかく無いってかむしろ静かなくらいだし、仕事の出来る人なもんで多分ナマの関西人は苦手だと思われるおいらでも、大丈夫。
つーか、どっちかってと仲良い。
F1好きとか飛行機好きとか、まあ趣味の傾向が似てるからかな。
んで昨年末からたまに話題になってる(おいら達2人だけでのみ)スキー事故で意識不明の、シューマッハであるが。
今日何かで見た記事だと、生涯意識が回復しない見込みだとかで。
ちょっと前に何かのスレで、脳内圧を下げる為に頭蓋骨が外された状態だとか書いてあったのが、おやまあって感じで。
リアルベルセルクのボイドじゃないかって書き込みがあったけどさ。
でももう、そろそろ無理矢理に生かされた状態はやめたげた方が良いんじゃないかって、おいらなんかは思っちゃうな。
まあもうダメだろうねとかってモリタさんと話してたら、なんかF1やってた人って危険な目に逢いに行くみたいな気がするって言うもんで。
そういや片山右京も登山家になってみたは良いけれど遭難して、一緒に登って死んじゃった人を担いで帰って来たとかそんなじゃなかったっけ?いや、担いでみたけどこれじゃ降りられないって判って一旦置いて下山して、救助の人と一緒にまた登って担いで帰って来たんじゃなかったっけ?とかお互いうろ覚えの知識を披露して終わってしまった。
そして帰りに寄ったヴィレッジヴァンガードに中二病大事典ってのが置いてあったんで、つい立ち読みしてしまった。
まあ度合いは人各々なんだろうが、きっと誰しもが通った中二病(?)
アーサー王の話とか、ああ云うのだって目一杯ファンタジーじゃん。
大体のアニメとかラノベとか、ジャンプに載ってる様なマンガとか、大体ファンタジーっちゃあファンタジーだし。
中二病的な要素が無けりゃファンタジーって成り立たない感じだし、中二病って最強じゃんとかちょっと思ったd(・∀・`*)

河童の屁
文芸社
村松 友視

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 河童の屁 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



中二病大事典
カンゼン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中二病大事典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



古地図で読み解く 江戸東京地形の謎
二見書房
芳賀 ひらく

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 古地図で読み解く 江戸東京地形の謎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洋の東西問わずいい歳してアニメやらラノベやらやってる奴らって永遠の中二病みたいなもんじゃね? 機械黒猫の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる